朝、身体が怠くて起き上がれない…インフルエンザか!

ある朝、身体が思いっきり怠くて、動かない…

という、謎の症状に襲われた火曜日の朝。

別に前の晩、夜更かししたわけでもなく、仕事に嫌な気分があったのでもなく。

頭痛と背中とか、腕とかに痛みもあるし思いっきり怠い。

ベッドから起き上がることさえ面倒に感じ、柵を持って腰掛ける態勢をとるだけなのに凄い身体を動かそうと、ベッドから引き剥がすように、強引に起き上がる。

起き上がって、ベッドから下りて、服に着替えてという、起きてからの全工程、どれをするにも怠い。やる気が出ない、身体が重い。

熱があるか吐き気が無い限り、どんだけ辛い状況でも仕事に行けるはずなのに、身体が全くいうことを聞いてくれません!

でも、仕事に行く気で1階に下り、朝食ですが…食欲すら出てきません。1にも2にも、食べることが大好きなのに…。

これじゃあさすがに仕事は行けないなぁと思い、仕方なく休むことにしました。

さて、仕事を休むと決めたら次は病院です。運悪くというか、都合よくというか、ニュースでまだ9月だというのに、インフルエンザで学級閉鎖しているということを聞きました。

身体が怠い、ところどころ痛い…間違いない、これはインフルエンザだ!

まだ9月だからうがいも、手洗いも、何もそんな対策してなかった。だって、もう何十年も夏に風邪引かないし。

そうなんだよね…ここ何日かお腹の調子も悪いし、これはインフルエンザに違いない!今日から最低3日は休んで…などと一人で考えていました。

インフルエンザの場合、24時間経たないと判断できないので、とりあえず明日にならないと病院に行けないとその日は寝てました。

翌朝…普通に起きれます。怠さはまだ残っていますが、頭痛とお腹はどうもありません。食欲も戻り、普通に朝食を食べたくなりました。

熱もありません。

結果、インフルエンザでも、風邪でもなく、少し疲れただけだったんでしょう。少し栄養ドリンクでも飲んで、体力をつけておかないとだめですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です